食事のこだわり

食事のこだわり---栄養科からのメッセージ---

   私たちは、食事提供・栄養指導・チーム医療を通じて、患者さんをサポートします。
   「入院して良かった」と言われる病院を目指し、日々美味しい料理作りに励んでおります。

食事提供の基本方針と概況

基本方針
1)   患者さんお一人おひとりに適した食事を提供する
2)   患者さんの健康回復を図るため、栄養の質と量を調整する
3)   栄養科職員は患者さんへ貢献し、信頼、満足を得られる様努める
4)   地域の方々に栄養に関する正しい情報を発信する

 

概 況
   入院食は医師の指示に基づき、疾病、年齢、摂食機能に応じて、バランスのとれた美味しい食事を提供しております。また管理栄養士が入院患者さんおひとり、おひとりの栄養状態を把握し、良好な栄養状態を保ち、改善できるよう継続的に栄養管理を行っております。さらに病棟訪問や嗜好調査なども随時行って美味しい料理づくりに励んでおります。
   栄養科では、管理栄養士を中心に給食室全員で、ご家庭での食事時間に沿うようにお食事を提供します。
朝食:午前8時、昼食:正午、夕食:午後6時

栄養食事指導

○入院食事指導
   食事療法が必要な患者さんに、病棟担当栄養士がお食事の指導を行います。また、退院時には家庭でのお食事についての指導を行っております。

 

○外来食事指導
   外来患者さんで食事療法が必要な場合は栄養指導を行い、必要に応じて継続指導を行っております。
○栄養教室
   「アルコール性肝疾患の栄養管理」を行っております。

食へのこだわり

   食は文化であると考えます。その中でも病院食は、「理性」の栄養管理・「感性」の美味への追求と、二面性を兼ね備えなければなりません。入院中の食事については、安全・安心・満足を基盤とし、栄養管理において治療の一環として患者さん個々の疾病、年齢、摂食機能等を考慮してバランスのとれた食事を提供しております。
   長期療養生活を過ごされる患者さんにとって、食事は楽しみであり、健康維持の大切な役割を担っております。
   当院では、理事長の「食」への特別な思い遣りが職員に浸透して、美味しい、季節感のある四季折々の料理、行事食等、飽きのこない豊富なメニューとクックチルシステムの対応により幅広い調理が可能となり、患者さんに喜ばれる心のこもった食事を提供することが実現いたしました。

主な季節料理

春には、「桜まつり」が開催され、お花見気分を盛り上げる「桜ちらし寿司」をご提供しました。

 

 

 

 

夏といえば、土用の丑の日。

定番の「うなぎ丼」をご提供しました。

 

 

 

 

秋はキノコの季節です。

キノコの王様松茸を炊き込みました。

 

 

 

 

冬は、何といっても寒ブリですね。

お刺身を、少しおしゃれにご提供しました。

 

 

 

 

行事食と飲み込みの困難な食事

   お正月おせち料理・成人の日・バレンタインの日・春分の日・七夕の日・敬老の日・秋分の日・天皇誕生日・クリスマス・大晦日にはそれぞれ特別料理が出され患者さんが楽しみにしています。

   嚥下など生活機能の状態に応じて、きざみ食・ペースト食・ソフト粥などをご用意しております。

このページのTOPに戻る





ホーム サイトマップ